企業の競争戦略とは?よく利用される代表的なフレームワークを解説

企業を拡大していくためには事業を最適な状況で競争していくことが重要になってきます。

企業のもつ事業をどこでどう戦っていくかを具体的に戦略を立てるのが競争戦略です。

成長戦略は企業全体を対象とした戦略で製品・市場を考慮してどこでどんな事業を行っていくかを決定します。

成長戦略を検討・実施するための手法、フレームワークとして以下のようなものがあります。

上記のそれぞれを組み合わせて事業の競争優位性を獲得していきます。

スポンサーリンク

企業の競争戦略とは?

経営戦略

競争戦略とは経営戦略のうちの1つです。

経営戦略は大きく3つの戦略にて構成されています。

  1. 成長戦略(企業戦略)
  2. 競争戦略(事業戦略)
  3. 機能戦略

競争戦略は事業単位ごとにどう業界内で競争していくかを検討し具体的な事業活動を行うための戦略をたてます。

どう資源を有効活用して競争優位性を勝ち取っていくかが重要な戦略要素になっています。

業界構造を分析するファイブフォース分析

ファイブフォース分析

業界内での競争環境を知るために使えるフレームワークとしてファイブフォース分析があります。

ファイブフォースというだけあって5つの要因から構成されています。

5つの競争要因とは以下の5つです。

  1. 既存業者間:敵対関係は競争がどれぐらい激しいか?
  2. 新規参入の脅威:参入障壁が低い業界か?
  3. 代替品の脅威:既存製品と同じ機能をもち、顧客のニーズを満たすことのできる別の製品の動きはあるか?
  4. 買い手の交渉力:買い手の交渉力は高いか?
  5. 売り手の交渉力:売り手の交渉力は高いか?

5つの要因から自社に向けてそれぞれの圧力がかかります。

各要因の圧力が強いとその業界の競争環境は厳しくなります。

各圧力をうまく避けるようにすることで業界内での有利な状況を作り出すことができます。

5つの要因ごとに圧力の強さを分析して圧力が強い要因に関しては適切な対策をとっていくことが重要です。

ファイブフォース分析を行うことで自社を取り巻く外部環境の見通しがついてきます。

SWOT分析の外部環境の分析をするときなどにも役立てることができます。

競争を優位にするポーターの3つの基本戦略

ポーターの3つの基本戦略とは?3つの戦略で競争優位を獲得する

ポーターは競争優位を築くために3つの基本戦略があると主張しています。

3つとは以下の通りです。

  • コストリーダーシップ戦略(低コスト戦略)
  • 差別化戦略
  • 集中戦略

3つの戦略は競争優位の源泉と競争の範囲の2つの軸から分類することができます。

3つの基本戦略

いずれの戦略も自社がファイブフォースの中で優位性を確率して持続させるための戦略です。

ポーターの3つの基本戦略のポイントしては以下のとおりです。

ポーターの3つの基本戦略のポイント
  • 3つの基本戦略はコストリーダーシップ戦略、差別化戦略、集中戦略
  • コストリーダーシップ戦略は低コストで生産・販売を目的とし規模の経済や経験曲線効果を利用することが重要
  • 差別化戦略は製品自体、付随サービス、ブランドイメージのいずれかで差別化を図る
  • 集中戦略は特定のセグメントにて低コストもしくは差別化のどちらかで優位性を獲得する戦略

企業価値から優位性を確立するバリューチェーン分析

バリューチェーン分析

企業は様々な活動を行い顧客へ価値を提供することで利益をあげることができます。

提供している価値を詳細に分析するフレームワークとしてバリューチェーン分析があります。

バリューチェーン分析は大きく主活動と支援活動の2つに分類されさらに9つの要素、活動に分解されます。

バリューチェーン分析

バリューチェーン分析を知ることで企業の活動のどこにコストがかかっているのか? どこで価値を大きく生み出せているかがわかるようになります。

バリューチェーン分析のポイントは以下のとおりです。

バリューチェーン分析のポイント
  • バリューチェーン分析は企業の活動を2つの分類とそれぞれを4つと5つの合計9つの要素に分解する
  • バリューチェーン分析で事業の成功要因やコストがどこにかけられているかを分析することができる
  • バリューチェーン分析は内部環境分析であるためSWOT分析と組み合わせて使うことでスムーズに環境分析が行える

バリューチェーン分析を行うことで企業の内部環境を分析し成功要因やコストが大きいところを明確にすることができるようになります。

ポジションに応じた戦略を立てるコトラーの競争地位別戦略

コトラーの競争地位別戦略とは? 競争地位別戦略の4つの分類と目標と戦略
製品・サービスを何かしら提供している限りほとんどの場合は自社以外に誰も似たようなものを提供していないということはないでしょう。

同一の市場の中で多くの企業がシェアを高めようとしのぎを削っています。

市場で1番多くのシェアを確保している企業、その座を虎視淡々と狙う企業、少しずらした市場で戦う企業などそれぞれが生き延びるために最適な戦略をとっています。

コトラーは同一の市場で戦う企業を4つのタイプに分類してそれぞれのタイプに目標と最適な戦略があるとしています。

それがコトラーの競争地位別戦略です。

コトラーの競争地位別戦略のポイントとしては以下のとおりです。

コトラーの競争地位別戦略
  • コトラーは同一市場で戦う企業をリーダー、チャレンジャー、フォロワー、ニッチャーの4つに分類した
  • 4つのタイプにはそれぞれの目標と最適な戦略がある
  • リーダーは市場規模拡大と地位の死守を目標とし同質化や非価格対応が戦略となる
  • チャレンジャーはリーダーのポジション奪取を目標としリーダーとの差別化が戦略となる
  • フォロワーは自社の市場シェアの維持を目標としリーダーを模倣し低価格化が戦略となる
  • ニッチャーは特定の市場でのミニリーダーとなることを目標とし小さく限定された市場に経営資源を集中的に投下することが戦略となる

4つの分類ごとの目標と定石となる戦略があります。

スポンサーリンク
忙しい人でも資格取得は簡単にできる!

終身雇用はもはや限界と言われており、崩壊へのカウントダウンは始まっているのではないでしょうか。

1つの企業に依存せずに複数の企業で仕事を行っていくことが今後は主流の働き方になっていくと思われます。

しかし「いきなり複数の企業と働くと言われても全くイメージができない」という方がほとんとではないでしょうか。

複数の企業と働けるようになるためにも自身のスキルアップが必須になってきますがなかなか時間が確保できませんよね。

そんな時にはスキマ時間を有効活用することができるスタディングがおすすめです。

私も利用させてもらっており通勤時間や家事、お風呂などスキマ時間を有効活用できています。

配信している講座も20種類以上あり、いずれの講座も専門家が解説してくれるのでかなり高品質でお得な値段になっています。

有名な資格の講座としては以下のようなものがあります。

スタディングの講座
  • 中小企業診断士
  • 税理士
  • 社労士
  • 宅建士
  • 公務員試験

まずは無料講座がすぐに体験できますので利用してみください。

毎日のちょっとした積み重ねで未来が大きく変わるはずです!


Twitterでフォローしていただけると嬉しいです!!

おすすめの記事