ピックアップ記事

会計(アカウンティング)

純資産

分配可能額

その他法務省令で定める額:のれん等調整額、その他有価証券評価差損

剰余金の配当については以下↓の記事をご参照ください

安全性指標分析

流動比率

高い方が良い
流動資産 = 現金・預金、受取手形、売掛金、有価証券、棚卸し資産、貸倒引当金

当座比率

高い方が良い
当座資産 = 現金・預金、受取手形、売掛金、有価証券

固定比率

低い方が良い

固定定資産 = 有形固定資産 + 無形固定資産、減価償却費も

純資産 = 資本金 + 資本剰余金 + 利益剰余金

固定長期適合率

低い方が良い

負債比率

低い方が良い

正味運転資本

高い方が良い

総資産回転率

調達した資金(負債+純資産)をどれだけ効率よく売上の獲得に使われているかを表す指標です。

損益分岐点分析

損益分岐点売上高

限界利益率

変動費率

損益分岐点比率

低い方が良い

安全余裕率

高い方が良い

スポンサーリンク

財務(ファイナンス)

キャッシュフロー

FCF

運転資本増減額 = 売上債権 + 棚卸資産 ー 買入債務

もう1つの計算式として以下がある

資金調達と配当政策

CAPM

市場リスクプレミアム = 市場ポートフォリオの期待収益率 - リスクフリーレート

WACC

WACCはハードルレートとして扱うことができる。

ハードルレートはIRRの評価するときの基準値として使用したりする。

企業価値

将来のキャッシュ・フローをFCF、資本コストをr、毎年の成長率をgとする

配当割引モデル

配当の成長率を加味する場合は以下になります。

節税効果の現在価値

支払利息の節税効果 = 支払利息 × 法人税率

株式投資指標

PER(株価収益率:Price Earning(収益) Ratio

株価が純利益の何倍になっているかの指標です。

1 株あたり当期純利益と比べて株価が安い株は、割安であると考えます。

よって買主から見た場合には低い方が買特

EPS(1株当たり当期純利益:Earning(収益) Per Share)

PBR(株価純資産倍率:Price Book-value(帳簿価額) Ratio

1 を基準として、1 よりも高いほど割高

BPS(1 株あたり純資産額:Book-value(帳簿価額) Per Share)

PCFR(株価キャッシュ・フロー倍率:Price Cash Flow Ratio)

1 株あたりキャッシュ・フロー = キャッシュ・フロー ÷ 発行済株式数

配当利回り

1 株あたり配当 = 配当総額 ÷ 発行済株式数

配当性向

利益のうち配当する割合のことです。企業価値を最大化するため成長期の企業は小さくなる傾向があります。

他の科目の数式はこちら↓

スポンサーリンク

Twitterでフォローしていただけると嬉しいです!!

おすすめの記事