見込生産と受注生産の違い

注文が入ってからつくり始めるのが受注生産、注文を予想して、あらかじめつくっておくのが見込生産。

受注生産

注文が入ってからつくり始める生産形態のこと。注文を受けてから部品、材料を手配するのが一般的なため在庫は持たない。

JISでは「顧客が定めた仕様の製品を生産者が生産する形態」と定義されている。

受注生産の主な商品

大型船舶や特殊加工用の工作機械などが多い、納期が長く、用途が限られている製品によく使用されいる生産形態です。

受注生産のメリットとデメリット

受注生産のメリット

在庫を持つリスクがない。

受注生産のデメリット

納期が長い。
必要以上に長い場合は別の短納期のライバル製品に行ってしまう販売機会損失の可能性があります。

受注生産の経営課題

受注生産の経営課題としては主に以下の3つがあります。

  • コスト・納期見積もり精度の向上
  • 生産リードタイムの短縮
  • 生産能力と受注量のバランス
スポンサーリンク

見込生産

注文を予想して、あらかじめつくっておく生産形態のこと。

JISでは「生産者が市場の需要を見越して企画・設計した製品を生産し、不特定な顧客を対象として市場に製品を出荷する形態」と定義されています。

工場からするとあまり望ましくない生産形態。理由としては売れ行きの予測をしてつくるため過不足が発生してしまうからである。

それでもなぜ見込みでつくるのか?顧客の希望納期が生産に必要な日数が短いからです。

見込生産の主な商品

一般に私たちが日常的に買う製品やテレビや冷蔵庫の家電、これらの製品のような不特定多数の顧客を想定して製造販売する商品に多い。

見込生産のメリットとデメリット

見込生産のメリット

消費者が買いたいと思うときに即座に製品を提供できる

見込生産のデメリット

予想していたよりも需要が多かった場合には、生産が間に合わず欠品となり販売機会損失を招いてしまいます。

逆に需要が予想を下回ってしまった場合は在庫が発生してしまいます。

見込生産の経営課題

見込生産の経営課題としては主に以下の2つがあります。

  • 需要予測の精度
  • 需要予測と生産計画を管理できる柔軟な生産体制の構築

需要予測の手法

需要予測の方法として大きく2つあります。
  • トップダウン型:GDP成長率などの指標から予測する
  • ボトムアップ型:販売現場や顧客の声などから予測する

ボトムアップ型の具体的な手法として移動平均法があります。過去の観測値を需要予測の値として用いる手法です。

11月の予測をする場合

8、9、10月分の実績を元に算出する。

12月の予測をする場合

9、10、11月分の実績を元に算出する。

と上記のように1ヶ月ずらして平均をとる手法を移動平均法と言います。

まとめ

両者の大きな違いは納期にあると思います。即提供したいものの場合(顧客がそれを望んでいる)は見込生産に。

顧客が納品を待てる場合は受注生産を選択することができます。

顧客との関係によって注文の取り方が変わってくると思います。

スポンサーリンク
グロービス学び放題
グロービス学び放題

最近グロービス学び放題をスマホで手軽に見れるので毎日利用しています。

グロービス学び放題とはビジネススクールを経営していることで有名なグロービスが提供する動画学習サービスです。

ビジネスに必要とされる9つのカテゴリ(詳細は後ほど)で200コース以上もの動画が提供されており、全ての動画をスマホで見ることができるのでいつでもどこでも学習することが可能となっています。

グロービス学び放題をオススメできるポイントとして以下の4つをあげます。

Twitterでフォローしていただけると嬉しいです!!

ピックアップ記事
おすすめの記事