ピックアップ記事

マーケティングコンセプトは時代とともに変遷を遂げている。

1生産志向

需要が供給を超えている時代のマーケティングコンセプト。
生産志向の基本は、シーズ志向(「はじめに製品ありき」)である。

2販売志向

製品が大量生産可能になった時代のマーケティングコンセプト。プロダクトアウトが考え方の基礎となる。
大量生産された製品を大量に販売することが求められる。

3顧客志向

供給が需要を上回り、企業間の競争が激化した成熟市場におけるマーケティングコンセプト。
市場のニーズを探り、それに合致した製品を開発し市場に投下する。

4社会志向

企業の利潤の増大だけでなく、社会全体に与える影響までをも考慮したもの。

コトラーは、製品志向を生産志向と販売志向の中間に位置付けている。製品志向とは、品質、有用性に優れ、特徴のある製品を好むので、企業は常に製品の改良に努力しなければならないという考え方。

こちらの記事で使われています

スポンサーリンク
中小企業診断士の勉強にはSTUDYingをおすすめします!!


現在中小企業診断士の取得を目指して勉強していますができる限り時間を有効活用しようと思いネットで受講できるものがないかと探していたところいくつかある中からSTUDYing(旧通勤講座)を選択しました。

結果としては今のところ満足しています。私は通勤に片道90分程度使っておりますがSTUDYingがあることでその時間を有効活用できています

今使用していていいなと思っていることは

  • スマホに最適化されており、通勤時にとても使いやすい
  • 音声Onlyモードや倍速再生などこまやかなところに気が配られている
  • 練習問題、過去問共に解説も丁寧で理解しやすい
  • モチベーションを維持するための様々な機能(学習時間のグラフ化など)

他にもいいところはたくさんありますがざっとあげるとこのような感じです。

私は「1次2次合格コース スタンダードコース」を購入しており、6万5千円と決して安くはないと思いますが日頃のスキマ時間を有効活用したかったのでその費用分の効果は得られていると実感しています。

無料講座もありますので気になった方はよければ試してみてください!

Twitterでフォローしていただけると嬉しいです!!

おすすめの記事